ホロニクスグループ採用サイト

仕事紹介

臨床支援士(医師事務作業補助者)としてはたらく

部門管理者からのメッセージ

医師事務作業補助者とは、勤務医師の負担軽減及び処遇の改善を目的に、平成20年の診療報酬改定に伴い導入された、医師が行う事務作業(診断書や診療情報提供書の作成等)を補助・代行する医療従事者を指します。
当院では、医師事務作業補助者を「臨床支援士」という名称で、各科外来担当、病棟・書類担当として配置しています。

 

職場の雰囲気

外来では、医師、コーディネートナース、処置ナースと協力し、チーム医療を行っています。
上司や先輩にも何かあればすぐに相談し、雰囲気も明るく、活気がある職場です。

印象的な出来事

診察の際、医師が話す内容、指示を聞き漏らさないよう、常に集中し、コスト漏れを防いだり、処方日数の間違いがないかどうかのチェックや、医師が患者へお渡しする資料や検査結果の事前準備を行ったりすることで、診察がスムーズにまわり、待ち時間の改善に繋げる事ができていると実感しています。

普段の仕事

臨床支援士として、医師の指示の下、検査オーダーの入力や、診察予約、カルテ記載や薬処方等を行ったり、診断書等様々な書類の作成を行っています。また、診察が円滑に進むよう各コメディカルと連携をとり、患者対応や電話対応等、診察にかかわる様々な業務を行っています。

仕事を振り返って

業務に慣れたことで、余裕をもって業務に就くことができるようになり、患者さんに笑顔で対応ができるようになってきました。
また、先輩方に教えて頂きながら、作成できる書類の種類が増え、自信とやる気に繋がっています。
今後も、少しでも医師の業務負担の軽減につながるよう自己研鑽に励みたいと思います。

一日の流れ

一日の流れ

上司から見た成長Story

入職当初、緊張をしているのが周囲に伝わり、表情も硬かったですが、こつこつと根気よくひたむきに努力し、いち早く業務を覚え、業務に慣れるにつれ、少しずつ表情も柔らかくなっていきました。
どの業務も正確に行うことができ、内容が複雑な書類の作成も任せる事が増え、今後の更なる成長が楽しみです。

臨床支援士(医師事務作業補助者) の 求人情報をみる

ページ上部へ