ホロニクスグループ採用サイト

仕事紹介

救急救命士の仕事内容

救急救命士の仕事とは

施設間搬送

  1. 施設及び診療所より出動依頼があれば、救命士3名にて出動
    • 患者申し送り及び情報収集
    • 観察及びトリアージの実施
    • スクープ・ストレッチャー及び布担架にて搬送
    • 車内患者バイタルサイン測定など患者観察
    • 救急外来到着後、医師看護師に引き継ぎ
    • 救急車必要物品の管理
  2. 病院・施設間搬送について医療営業部と連動して啓蒙活動行う

施設間搬送がない場合の業務

  1. 救急受け入れ電話対応(ホットライン・一般問い合わせ)
  2. ウォークイン患者トリアージ
  3. 診察補助・介助
    • 救急受け入れ態勢の構築(必要物品の準備)
    • 救急車到着時の患者受け入れ
    • 患者のバイタルサイン測定及び状態観察
    • 救急隊や患者・家族より情報収集
    • 患者の更衣及び排尿・排便介助
    • 点滴及び採血介助(ルート作成含む)
    • 医師指示の検査を病態に合わせてコーディネート
    • 心肺停止患者対応(気管内挿管介助や胸骨圧迫)
    • 外傷処置介助

病院内外BLS・ICLS(心肺蘇生法普及活動)

  1. 依頼のあった施設へ赴き、一次救命処置の普及
  2. 院内コメディカルと看護師それぞれに研修
  3. RRS(院内急変対応システム)参加

救急救命士 の 求人情報をみる

ページ上部へ