ホロニクスグループ採用サイト

仕事紹介

薬剤師としてはたらく

統括部長からのメッセージ

臨床を重視し、薬に関する業務は薬剤師が主体的に行い、専門性の強化と資格取得を推奨しています。
そのための参加費や諸経費などは全面的にバックアップしています。新人研修・中堅研修、学術担当部会などを実施し、研鑚を積める環境をご提供しています。

スタッフの声

グループ関連病院・施設が多く、精神科の病院や急性期病院、慢性期病院など分野も多岐に渡っています。ほかの病院に研修で行く機会もたくさんあり、学術集会などで他院の人とも交流があるため、自らの病院の考え方だけにとらわれず、広い視野を持てるようになりました。
また研修や教育に力を入れているため、自らの知識を高めることを後押ししてくれる職場です。

4年目 茨木医誠会病院 勤務

職場の雰囲気

薬剤師の経験年数もさまざまで、困ったことを相談できる職場です。また、経験年数に関わらず意見を取り入れてもらいやすい環境です。入職前に想像していたよりも違う職種の方との距離が近く、話しやすい雰囲気です。
療養型病院のため患者さんとの付き合いも長くなり、一緒に病気を治していこうという気持ちが強くなります。そのため、患者さんが退院する時の喜びは大きいです。

印象的な出来事

入院期間がほかの病院より長いため、患者さんやご家族さんとは何度も顔を合わせることになります。
病院内で患者さんのご家族に出会ったときに訴えや不安に思っていることを何度も聞くうちに、名前を覚えてもらい、「困ったことがあっても薬剤師さんに聞いてもらうと安心するわ」と言われたことが励みになっています。

普段の仕事

病棟常駐を担当する週や注射調剤を担当する週などさまざまな仕事を担当しています。
病棟常駐担当の時は、持参薬の検薬や病棟にいる患者さんの服薬指導、医師・看護師からの相談に乗ります。NSTの回診・会議にも参加し、薬学的観点から褥瘡の改善やエネルギーの補給に必要な輸液等を推薦しています。

仕事を振り返って

規模の小さい病院なので早くからさまざまな仕事を任せてもらえます。
病棟常駐担当、NSTや各委員会などを経験し、患者さんの病状について栄養や病歴等の多方面から考えられるようになりました。
また病院全体の流れも少しずつ理解が深まり、新人の教育担当もさせてもらい、自らの仕事の成果が見られるようになって、やりがいをより感じられるようになりました。

一日の流れ

一日の流れ

上司から見た成長Story

初めのころは控えめな性格でしたが、入職3年目より病棟常駐薬剤師となり現在は明るく笑顔で接しスタッフや患者さんから頼られる存在になっています。薬剤科のミーティングでも自分の意見を提案したり、さまざまな業務のなかで悩んだり思ったことを相談してくれるようになりました。自分の納得のいくよう考えをまとめ業務に責任を持って最後まで取り組む姿をみて成長していると感じます。
後輩にも分け隔てなく接し、親しみやすく良き先輩として見習われる存在になっています。今後もサポートし見守っていきます。

薬剤師 の 求人情報をみる

ページ上部へ