ホロニクスグループ採用サイト

仕事紹介

診療放射線技師としてはたらく

部門統括部長(診療放射線技師)

統括技師長からのメッセージ

救急救命医療、終末期医療、予防医療等とさまざまな分野にスピーディかつ高精度な画像情報の提供を命題としています。また、待ち時間の短縮や安心・安全に検査が受けられるようサービスの向上に努めています。
断わらない医療と受動的にならない診療放射線技師を目指します。

スタッフの声

先輩・同期がたくさんいるおかげで、仕事の不安や落ち込んだ時にすぐに話を聞いてくれる存在がいて毎日楽しく仕事ができています。

2年目 医誠会病院 勤務

同期の仲間も多く、年齢の近い先輩もいます。わからないことがあればすぐに相談でき、気になるところがあれば意見を言いやすい環境です。撮影方法の工夫なども丁寧に教えていただけました。

2年目 医誠会病院 勤務

職場の雰囲気

先輩たちの平均年齢が比較的若く、仕事の相談がとてもしやすい環境です。アドバイスもたくさんしてもらえるおかげで仕事の向上にも繋がります。

印象的な出来事

マンモグラフィー検査は、とても痛い検査と言われますが、撮影が終わった後に笑顔で「ありがとうございます」と声をかけていただけたことは印象に残っています。

普段の仕事

CT・一般撮影・ポータブル・オペ用イメージ・健診バス(胸部)の仕事をしています。
入院患者さんの病棟ポータブル撮影に行ったときに「いつもありがとう」と言ってもらえることがやりがいに繋がります。

仕事を振り返って

入職してからもスキルアップのために勉強や資格をとりやすい環境で、私はそのおかげでマンモグラフィー認定資格を取得することができました。
学生と社会人を比べると、責任感が異なるように思います。一個人としてのミスが部署のミス、病院のミスとなってしまうという気持ちを持って丁寧な業務を心がけています。また、ひとりで不安なときは同じ部署の仲間に報告・連絡・相談をするようにしています。覚えることは多いですが今後もしっかりと勉強していきたいです。

一日の流れ

一日の流れ

上司から見た成長Story

入職から約1 年が経ち、患者対応や撮影技術に対する意識が成長していると思います。入職当初は一般撮影から始め、ひとつひとつの撮影に戸惑い、患者対応にもあたふたしてしまうことがありました。今では経験も増え、患者さんとのコミュニケーションを積極的にとる姿を多く見かけ、感心しています。
また撮影技術に関しても、講習会・勉強会への積極的な参加や認定試験取得など学ぶ意欲が非常に感じられます。今後も仕事をやっていく中で多くの事に興味を持ち、意欲的に学んでいけるような環境を創っていきたいと思います。

診療放射線技師 の 求人情報をみる

ページ上部へ