ホロニクスグループ採用サイト

仕事紹介

管理栄養士としてはたらく

管理栄養士長からのメッセージ

「フードサービス」と「クリニカルサービス」の両立、医療スタッフの一員として、疾病治療に貢献することを目的に患者さんそれぞれにあった栄養状態の把握と管理、ライフスタイルに合わせた栄養食事指導と安全で美味しい給食の提供を目指します。

スタッフの声

献立作成などの給食管理から、栄養管理・栄養指導・NST(栄養サポートチーム)、また院外での公開講座など、幅広い業務を経験できるので、日々勉強になります。
グループ内を異動することで、さまざまな病態の栄養管理に携わることができます。

7 年目 城東中央病院 勤務

職場の雰囲気

どんなことでも相談しやすい先輩や上司に恵まれています。

印象的な出来事

栄養指導を担当した患者さんが、食事療法に積極的に取り組まれ、データの改善につながりました。
指導時間は1 回20 分程度ですが、患者さんと信頼関係を築くことの大切さを改めて感じました。

普段の仕事

入院患者・外来通院患者の栄養指導やNST(栄養サポートチーム)の一員としての業務があります。
チーム医療では、医師・看護師・薬剤師・言語聴覚士などの多職種と連携することで、さまざまな視点から患者さんの栄養状態について考えることができます。

仕事を振り返って

1人ひとりの患者さんに応じた栄養療法・栄養管理ができるよう、さらなる専門知識の習得とチームワークを大切に、取り組んでいきたいと思います。

一日の流れ

一日の流れ

上司から見た成長Story

まじめで努力家の彼女は、何事も一生懸命で少しは息を抜いて…と心配するほどでした。
今もそれは変わりませんが、3つの病院を経験したことで視野が広がり、幅広い業務に携わってもらっています。栄養指導・栄養管理・給食管理など常に患者さんの目線に立ち、患者さんの病状や指導でわからないことがあればそのままにせず、調べて丁寧に回答をしています。最近では後輩に対しても、知識を伝えるだけでなく、相手の状況に応じた指導を行うようになりました。管理栄養士としての知識はもちろんですが、女性として人間的にもひと回り大きくなってきたと感じています。

管理栄養士 の 求人情報をみる

ページ上部へ